じょじょに・・・・。

現実にノートPCの前で止まることなく動いている為替相場を眺めているとどことなく取引をしなくてはいられないという抑えようの無い感情に追い立てられる場合も多いと思います。

しかしながら、不確かな勘で売買することは間違ってもしてはいけません事実、マーケットは四六時中常時マーケットが変動しているし、市場も上がったり下がったりします。

 

そうであっても、闇雲にエントリーをするとそれだけで損をする危険が増します。

 

当然、注文の回数を積む事で、じょじょに勝ち負けの確率か50%、50%に近づくのは事実です。

 

でもその事は「漠然とした直感でエントリー」してしまうこととは別の話だ。

 

取引回数を積み重ねるというのは、あなたが「ここは勝てる」と直感した時機を得られたところでの売買回数を積み重ねるという意味です。

 

ただ、連続して売り買いを繰り返すのとはかなり異なります。

 

相場の勝負にi挑むには白分でよく考えてけじめをつけることが大事です。

 

「ここはいける」と思った外国為替相場の時には、迷うことなく保持ポジションを多くして儲けを求めます。

 

「少し分からない為替相場でどう上げ下げするのか読めないな」と思ったならば、諦めて保持ポジションをひとつ残らずクローズして何もしない。

 

このぐらいのメリハリをつける方が結果的に売買は成功します。

 

市場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

 

まったく言葉どおりです。

 

取引とは、休みなくポジションを持つことが肝心な事ではなく何も保持せずじっと見ていることも時には、外国為替相場です。

 

それならば、どういった時に、休めばいいのでしょうか。

 

ひとつは、前述の通り、直近の外国為替市場が今ひとつ分からない時です。

 

どちらにいくのか見通せない時は、何も考えず行動すると、自分の作った台本とは反対の方向に外国為替市場が変動してしまい、損をする事になります。

 

そのため、このような場合はポジションを諦め、何もしないで黙ってみているだけが最良の選択です。

 

第2に、自分の体の状態がすぐれない時です。

 

体調と外国為替市場に関係性はないと思う方もいると思いますが意外と関係がある。

 

体の状態がすぐれなければ相場の重要なところで、必要不可欠な判断を下すことが難しくなります。

 

興味がわかない時は、FXから目をそらす事も大事なことだ。