2014年8月

素敵な結婚式って?

素敵な結婚式って?

(公開: 2014年8月29日 (金))

結婚式フラッシュモブについて考えてみました。

結婚式の場で、新郎から新婦にサプライズする場面って結構見るような気がします。

結婚式場のプランナーさんがそういうのを勧めているんでしょうか??

感動的なものや、ほほえましいサプライズもあれば、ちょっと白々しいときもあり、プランナーさんの腕前が出ているのかなって思っちゃったりもします。

私の話になりますが、自分たちの結婚式を挙げる会場は、設備とか演出の良し悪しよりも、スタッフさんを見て決めました。

いくら豪華な設備や演出の設備があったとしても、それをうまく生かし切れていない時や、スタッフの対応がいまいちだった結婚式は、その印象ばかりが残ります。

結局は人ですね。


参照:www.mimiken.com/img/zyosei2.png


厄介な点

厄介な点

(公開: 2014年8月28日 (木))

免責不許可事由は自己破産手続きをする人へこれこれの条件にあたるならば借金の免除を認めないといったラインを挙げたものです。

 

だから、端的に言えば返すのが全く行き詰ったような状況でもこの免責不許可事由に含まれる場合借り入れの免責を認められないような場合もあるとなります。

 

ですので破産を申し立て借金の免除を勝ち取りたい人における最後の難題が「免責不許可事由」ということになるわけです。

 

下記は主となる要因となります。

 

※浪費やギャンブルなどで著しく資産を乱費したりきわめて多額の借金を抱えたとき。

 

※破産財団に含まれる相続財産を隠したり破損させたり、債権を有する者に不利益を被るように売り払ったとき。

 

※破産財団の債務を偽って増大させた場合。

 

※破産宣告の原因があるのに債権を有する者に一定の利得を与える意図で担保となるものを譲り渡したり、弁済期前に負債を返済したとき。

 

※前時点において返済不能の状況にあるのにその事実を偽り貸方を信用させてお金を借りたりクレジットカードにより高額なものを購入したとき。

 

※ニセの貸し手の名簿を裁判所に提示した場合。

 

※返済の免責の申請から前7年のあいだに債務の免責を受けていたとき。

 

※破産法が求める破産宣告者の義務内容に反したとき。

 

これらの8条件に該当しないのが条件と言えますが、これだけを見て具体的な案件を考慮するのはある程度の経験の蓄積がないようならハードルが高いのではないでしょうか。

 

また、厄介な点は浪費やギャンブル「など」となっていることによって分かると思いますが、ギャンブルといわれてもそもそも数ある例のひとつにすぎず、これ以外にも具体例が書いていない条件が山ほどあるのです。

 

具体的に挙げられていない場合は、ひとつひとつの事例を述べていくときりがなくなってしまい例を言及しきれない場合や以前に残されている裁判の決定によるものが考えられるのでそれぞれの事例がそれに該当するのかどうかは普通の方にはちょっと見極めがつかないことの方が多いです。

 

いっぽうで、まさか自分がこの事由に該当するなどと思いもしなかった時でも不許可の決定をひとたび下されてしまえば、その決定が変えられることはなく返済の責任が残ってしまうばかりか破産者であるゆえの立場を7年にわたり受け続けることになるわけです。

 

というわけですので、このようなぜひとも避けたい結果を避けるために破産手続きを検討しているステップでちょっとでも不安を感じる点や理解できない点があればまずは弁護士に相談してみて欲しいのです。

 


じょじょに・・・・。

じょじょに・・・・。

(公開: 2014年8月28日 (木))

現実にノートPCの前で止まることなく動いている為替相場を眺めているとどことなく取引をしなくてはいられないという抑えようの無い感情に追い立てられる場合も多いと思います。

しかしながら、不確かな勘で売買することは間違ってもしてはいけません事実、マーケットは四六時中常時マーケットが変動しているし、市場も上がったり下がったりします。

 

そうであっても、闇雲にエントリーをするとそれだけで損をする危険が増します。

 

当然、注文の回数を積む事で、じょじょに勝ち負けの確率か50%、50%に近づくのは事実です。

 

でもその事は「漠然とした直感でエントリー」してしまうこととは別の話だ。

 

取引回数を積み重ねるというのは、あなたが「ここは勝てる」と直感した時機を得られたところでの売買回数を積み重ねるという意味です。

 

ただ、連続して売り買いを繰り返すのとはかなり異なります。

 

相場の勝負にi挑むには白分でよく考えてけじめをつけることが大事です。

 

「ここはいける」と思った外国為替相場の時には、迷うことなく保持ポジションを多くして儲けを求めます。

 

「少し分からない為替相場でどう上げ下げするのか読めないな」と思ったならば、諦めて保持ポジションをひとつ残らずクローズして何もしない。

 

このぐらいのメリハリをつける方が結果的に売買は成功します。

 

市場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

 

まったく言葉どおりです。

 

取引とは、休みなくポジションを持つことが肝心な事ではなく何も保持せずじっと見ていることも時には、外国為替相場です。

 

それならば、どういった時に、休めばいいのでしょうか。

 

ひとつは、前述の通り、直近の外国為替市場が今ひとつ分からない時です。

 

どちらにいくのか見通せない時は、何も考えず行動すると、自分の作った台本とは反対の方向に外国為替市場が変動してしまい、損をする事になります。

 

そのため、このような場合はポジションを諦め、何もしないで黙ってみているだけが最良の選択です。

 

第2に、自分の体の状態がすぐれない時です。

 

体調と外国為替市場に関係性はないと思う方もいると思いますが意外と関係がある。

 

体の状態がすぐれなければ相場の重要なところで、必要不可欠な判断を下すことが難しくなります。

 

興味がわかない時は、FXから目をそらす事も大事なことだ。

 


シャンプーの大切さ

シャンプーの大切さ

(公開: 2014年8月28日 (木))

私は子どもの頃、2日に1回程度しか洗わなかったです、それで、2日目はベタベタしていたような嫌な記憶がありますね、子どもの頃は代謝もいいし、そりゃベタベタもすることあたり前でしょう、夏なんて、特に汗もすごくかくし髪の毛の中は汚れだらけだい、子どもの頃は、別に良かったかもしれないけど、大人になってからこの状態じゃ良くないではないかと、今頃なんですが、主人にいつもこのこと話してますが、ヘアケアの基本は「きちんとシャンプーをする事」だと、美容師の友達は言っていました。 有楽町全身脱毛ランキング.xyz